会社情報

Corporate Information

アイオスの取組み

コンプライアンス

コンプライアンス

当社は東証1部企業である株式会社クレスコの連結子会社であり、社会的責任として各種法令を遵守しなければならず、それは経営者のみならず、社員ひとりひとりが実践していかなければなりません。そしてこれが企業発展の基盤づくりとなると共に強化にもつながっていきます。
この法令を遵守するための行動基準を「アイオスコンプライアンス経営行動基準」として次に定めます。

  1. 法令等の遵守

    アイオスは、法令等の遵守はもとより、それらの精神を遵守し、社会的良識を持って行動します。
  2. 公正な取引

    アイオスは、公正かつ自由な競争の確保が市場経済の基本ルールとの認識のもとに開発業務等を行い、また、政治・行政との健全かつ正常で透明な関係を維持します。
  3. 企業情報の開示

    アイオスは、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションをはかり、積極的に企業情報を正確かつ公正に、適時開示します。
  4. 反社会的勢力および団体との対決

    アイオスは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決します。
  5. セキュリティ対策

    アイオスは、セキュリティ対策についてセキュリティポリシーを定め、そのポリシーに則った行動をします。
  6. 企業の法令違反対処

    アイオスは、会社自身に行動基準に反するような事態が発生した場合には、経営者自ら問題解決にあたり、原因究明・再発防止に努めます。
    また、社会への迅速かつ的確な情報公開を行うと共に、権限と責任を明確にした上で、自らも含め厳正な処分を行います。
  7. 社員の法令違反対処

    アイオスは、社員が法令等の違反をした場合は、就業規則に則り、個人の人権を尊重しながらも、公正かつ慎重かつ厳正に処分を行います。
  8. 周知徹底

    アイオスは、コンプライアンスを推進していく上での社内ルール等について、周知徹底と社内体制の整備を行います。

当社では、従業者に対してコンプライアンス研修を年2回実施し、法令遵守、ハラスメント防止、インサイダー取引防止、反社会的勢力・団体との対決、個人情報保護を含む情報セキュリティ等に関してルールの周知徹底、注意喚起をしています。

環境への取り組み

環境への取り組み

活動方針

  1. 事業活動にかかわる環境関連の法律、規則、協定、その他要求事項を遵守します。
  2. 事業活動で使用するエネルギー・紙資源を削減しながら環境保全を図ります。
  3. 環境教育、社内広報を実施し、全従業員の環境に対する意識の向上に努めます。

活動内容

  1. クールビズ・ウォームビズの実施
  2. 未使用時の部屋の消灯
  3. 電子帳票システムの導入によるペーパーレス化
  4. マイカップ利用の推進(使い捨てコップの廃止)

新型コロナウイルスに関する対応

当社では新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて下記の取り組みを推進しております。
政府及び関係自治体の方針に基づき、お客様、関係お取引先様、社員及びそのご家族の安全を最優先に対応してまいります。

  • 感染拡大防止のため、継続してテレワークや時差出勤を推進しています。
  • 政府や自治体の要請に応じた施策を適宜アップデートし、実践しています。
  • 株式会社クレスコと連携して、関係者の感染状況の確認や情報収集、各種施策の検討と運用を行っています。

AEDの設置

当社ではAEDが適切に使用できる環境となっております。
本社ではビル1階通用口付近に、静岡営業所では執務室内に設置されております。

AED(自動体外式除細動器)について

AEDAEDとは「Automated External Defibrillator」の略語で、日本語では「自動体外式除細動器」といいます。
救命手当ての方法として一般的な胸骨圧迫や人工呼吸などの心肺蘇生法の他に、心室細動(心臓の心室が小刻みに震えて全身に血液を送ることが出来ない状態)を起こしている場合に、必要に応じて電気ショック(除細動)与え、心臓の働きを正常に戻すように試みるために使用する装置です。

ご参考:心停止の救命率
心停止後の除細動が1分遅れるごとに7~10%の救命率が低下すると言われております。傷病者の蘇生・社会復帰の確率を高めるには、心停止から5分以内にAEDによる除細動実施が必要とされています。