強み

Strengths

電力業務システム

私たちが電気を使用するために、電力業務システムがあります。「発電所が発電 ⇒ 電気事業者(小売電気事業者・送配電事業者)が調達・送電 ⇒ 需要家(各家庭・ビル等)が使用」の3つの領域に分かれ、電力を供給します。
電気を皆様の家庭に届けるために送配電事業者(大手電力会社)が所有する配電網(電線)を利用しています。
当社は大手ベンダーと協業し、配電網の利用料金である託送料金計算システムの他、スマートメータを管理するヘッドエンドシステム(HES※1)の開発に参画しています。

電力業務システム 電力業務システム
契約管理

契約管理

  • ・全面自由化、発送電分離対応で身に着けた豊富な知識
  • ・契約申し込みから契約管理までマスタ情報構築実績
  • ・送配電事業に必要なマスタ知識の把握
スマートメータ管理

スマートメータ管理

  • ・スマートメータ通信システム開発で通信管理を熟知
  • ・計量地点から料金計算までの連携ルートの把握
  • ・計器の設備情報・工事情報
料金計算

料金計算

  • ・料金メニューの構築から料金計算まで対応
  • ・全面自由化、発電側課金で得た電力事業の計算ノウハウ

※1 ヘッドエンドシステム(スマートメータ(通信部)・利活用機器の通信制御・設備管理、データ収集の入り口を担うシステム)

※2 メーターデータマネジメントシステム(スマートメータ(計量部)のデータ・設備等を管理するシステム)

開発実績

実績 1

託送料金算定システム

2016年4月の電力自由化に新規参入するPPS(新電力)向けに電力CISシステムを構築。
2016年3月にリリースを迎え、現在拡充開発中。

開発期間 2015/5月~参画中
導入規模 1,000人月(2016/3リリース時点)
開発環境 Java1.8、Oracle11g、Linux etc
実績 2

発電側課金料金算定システム

2023年4月の発電側託送料金対応向けに料金算定システムを構築中。

開発期間 2020/7月~参画中
導入規模 延べ200人月(2021/12月リリース時点)
開発環境 Java1.8、Oracle11g、Linux etc
実績 3

ヘッドエンドシステム(HES)

自動検針システム構築の一環として開発が行われた、ヘッドエンドシステムの保守開発に参画。

開発期間 2020/4月~参画中
導入規模 延べ100人月(2021/12月時点)
開発環境 Java1.8、Oracle12c、Linux etc

本サービスに関するお問い合わせはこちら

株式会社アイオス 株式会社アイオス

03-6433-9981

月〜金(土日祝をのぞく)9:00〜17:00