業績ハイライト

Earnings Highlights

第31期(2020年3月期)のポイント

売上高
5,378百万円
営業利益
348百万円

31期は、主要な顧客基盤となる金融機関向け大規模システムの開発・保守事業の着実な拡大に加え、金融以外の領域における新規顧客の開拓、重点顧客・重点領域をターゲットとする営業戦略の強化に取り組んでまいりました。また、デジタル技術を駆使した新たなソリューションの企画推進により、IoTやRPAソリューションのビジネスは前年対比大幅に拡大することが出来ました。以上の結果、売上高は前年比116.1%(747百万円増)となりました。

32期については、積み重ねてきた実績から培った開発力やプロジェクト管理能力を一層強化すると共に、デジタル領域の知見やニーズが高まりつつある新たな基盤分野の技術力を高め、お客様の期待と信頼に応えられる付加価値の高いサービスを提供してまいります。新型コロナウイルス感染症の影響により経済活動は当面不確実性の高い状況が予想されますが、お客様が描く未来や経営ビジョンの実現に貢献することにより、更なる事業拡大を図っていく所存でございます。

業種別売上高構成比

業種別売上高構成比

業種別売上高構成比

  • 売上高

    売上高

  • 営業利益・営業利益率

    営業利益・営業利益率

  • 純利益

    純利益